北海道難読地名

皆さんは、北海道の地名って、すごく難しいと思いませんか?
北海道に住んでらっしゃらない方は分からないかもしれません。
その難しい地名というのは、例えば、「生花苗」これ読むことができますか?
確かに、普通に読めば、「せいかなえ」だとか「しょうかなえ」みたいに読むことはできます。
それでは、正解の方を言いましょう。これは「おいかまない」と言います。
このように北海道の地名は難しいのです。
それでは、なぜ難しいのでしょう。その理由として挙げられるのは、やはりアイヌ語ですね。
北海道には、昔アイヌという民族が住んでいました。
そのアイヌ語を無理やり漢字に変えた結果、こんな難しい地名になってしまったのです。
ちなみに、この「おいかまない」は大樹町にある地名ですが、その意味というのは、「波が越えて入る所」という意味です。
そういった地名をここでは取り上げていきたいと思います。
また大変珍しい地名がありましたので、ここで発表してしまいます。
場所は太平洋側の釧路方面です。そこは、北海道でもかなりの難読地名がある場所です。
詳しい事は「道東」のページでご覧ください。そして、その中に出てくるこの地名。
「鶴-鳥+契に寄別」です。なぜ、こんな表し方かというと、実はこの漢字は、
地名にのみ使われる漢字であり、辞書で探しても、パソコンで変換しても出ない漢字です。
一般的に変換する際には、「嬰寄別」と示すようです。それで、これで、「あっちょろべつ」と言います。
ちなみに意味というのは、「楡の皮を漬けておく川」という意味です。
今は、城山と呼ばれているそうです。これは、松浦武四郎の「蝦夷日誌」で城跡や烽火場があったからのようです。
ちなみにその地名になったのは、戦時中の頃だったと言います。また、それからこの辺では、楡の木は見なくなったようです。

すっかり長くなってしまいました。それでは、北海道の難読地名、どうぞお楽しみ下さい!


inserted by FC2 system